« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

012:わずか(畠山拓郎)

ゆきづまり感じる今は芽吹くときわずかな才を開花させたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

011:習(畠山拓郎)

習性であちらを見ればこちら見るどうにかしたいおまとめしたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

010:賞(畠山拓郎)

スーパーで賞味期限を確かめる若い女が好きで悪いか

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

009:テーブル(畠山拓郎)

テーブルを囲みわいわいやりにけり弦の奏でる長調の歌

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

008:瞬(畠山拓郎)

出会うなら瞬時に恋に落ちていたころをそろそろ終わりにしよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

007:別(畠山拓郎)

いざ勝負リーチするため牌を切る別れが一つ雪解けの水

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

006:券(畠山拓郎)

勝負せよ片道券で乗ってみろなんとか越えたい第一ゲート

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

005:叫(畠山拓郎)

「大好きだ!」夕陽に向かい叫びたい誰か一人の愛する人に

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

004:やがて(畠山拓郎)

乱気流過ぎる気配だ春浅しやがて収まるたぶんまあるく

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

003:各(畠山拓郎)

宍道湖を歩く弥生を想いけり各駅停車の車窓はのどか

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

002:甘(畠山拓郎)

この今に甘んじること堪えがたく芽吹く明日に花を咲かせよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

001:新(畠山拓郎)

新たなる道を拓かんいざゆかん若葉の風の香り爽やか

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

題詠blog2013に参加します(畠山拓郎)

参加させてください。完走目指して頑張ります。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »