« 2008年9月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

049:ソムリエ(畠山拓郎)

「この恋のお味はいかが」ソムリエに確かめたいな「片想い」かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

048:逢(畠山拓郎)

出逢いとはいつも突然やってきて気付いた時は恋に落ちてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

047:警(畠山拓郎)

ピンク色桜前線上昇し恋愛警報発令中

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

046:常識(畠山拓郎)

常識で考えたならふしあわせしあわせなんてその人しだい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

045:幕(畠山拓郎)

幕下もよいではないか恋もある給金安い不便はあるが

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

044:わさび(畠山拓郎)

ですますに変化をしたりつんとくるわさびのような君のくちびる

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

043:係(畠山拓郎)

O型は大地のように現われて剱のような父との関係

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

042:クリック(畠山拓郎)

君の名をクリックすればおそらくは君らしき人webに現る

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

広告:第一歌集発売中

富山県内書店とアマゾンでhttp://www.amazon.co.jp/%E5%90%9B%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%81%97%E3%81%A6-%E7%95%A0%E5%B1%B1%E6%8B%93%E9%83%8E/dp/4907852150/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1238144916&sr=8-2

第一歌集『君を探して』発売しています。どうぞよろしくおねがいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

041:越(畠山拓郎)

拓郎は越中富山とアマゾンで『君を探して』発売中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

040:すみれ(畠山拓郎)

すみれすみれ可憐に咲いて惹きつける紫色の可憐な女(ひと)よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

039:広(畠山拓郎)

山陽を陽射を浴びて突き進む広島ゆきののぞみに乗って

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

038:→(畠山拓郎)

五右衛門が→女に変わり、不二子ちゃん→男に変わる、次元そのまま

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

037:藤(畠山拓郎)

我こころ盗んでいった藤姫はカリオストロのクラリスのごと

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

036:意図(畠山拓郎)

おかあさんの意図だろうか鬼退治 心の鬼と闘う吉備路

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

035:ロンドン(畠山拓郎)

ロンドンへ旅したわけじゃないけれど倉敷旅行を親子三人

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

034:序(畠山拓郎)

まず秩序。楽しくないな不満だな麻生だろうが小沢だろうが

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

033:冠(畠山拓郎)

企業名冠にしたスポーツの祭典も不況の波に襲われており

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

032:世界(畠山拓郎)

B型の世界にいつも押し切られいつの間にやらタイガースファン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

031:てっぺん(畠山拓郎)

てっぺんの相思相愛経験をやってみたいな今年は晴れろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

030:牛(畠山拓郎)

牛乳をごくごく飲んで「まあいっか」岩盤浴で昨日を流す

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

029:くしゃくしゃ(畠山拓郎)

くしゃくしゃになってしまった予想図を立て直したい2009年

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

028:透明(畠山拓郎)

透明な深層水のジャグジーで心静めて明日を想う

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

027:既(畠山拓郎)

既視感がそれはあるはず会ったことないはずはないはずなんだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

026:コンビニ(畠山拓郎)

まんまるいコンビニエンスな女から「ここのコンビニ閉店します」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

025:氷(畠山拓郎)

個人的氷河期よりはましだけど冬が続きぬ両想い来い

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

024:天ぷら(畠山拓郎)

天ぷらを一緒に食べた日は遠く会話すらない状況嘆く

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

023:シャツ(畠山拓郎)

Yシャツをこのごろ着ないようである今は昔の青の仕事着

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

022:職(畠山拓郎)

職人がいいなと思った頃もある歌人とするには収入がない

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

021:くちばし(畠山拓郎)

くちばしが黄色かろうがなんのその奏でてくれよピンクの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

020:貧(畠山拓郎)

手馴れたる恋愛経験の貧しさを嘆くこのごろ彼女は欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

019:ノート(畠山拓郎)

病棟で缶詰になり詩(うた)を書くベッドの上にノートパソコン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

018:格差(畠山拓郎)

駅前で地域格差を想うとき新駅建てば解決するか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

017:解(畠山拓郎)

絡まった赤色の糸解きたい好きなのになあこの壁はなあに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

016:Uターン(畠山拓郎)

いつの間にUターンしてきたのやらブーメランのごと郷里に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

015:型(畠山拓郎)

A型とB型合わせたABに翻弄されるA型の俺

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

014:煮(畠山拓郎)

ぐずぐずと煮込んでみても五里霧中もどかしなあ時間だけ経つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

013:カタカナ(畠山拓郎)

カタカナで注文している喫茶店「ドリップ」「トール」「アイス」「テンナイ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

012:達(畠山拓郎)

『タッチ』から南が消えてしまったので脱力している上杉達也

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

011:嫉妬(畠山拓郎)

もしかして嫉妬じゃないかと思いつつ自意識過剰とコーヒーを飲む

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

010:街(畠山拓郎)

暮れなずむ街で明日を想うとき人間らしく生きたいものだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

009:ふわふわ(畠山拓郎)

ふわふわと君まで飛んでゆきたいなかあるくなあれあかるくなあれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

008:飾(畠山拓郎)

飾らない素直な女(ひと)が好きだけど化粧は上手い方がいいかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

007:ランチ(畠山拓郎)

病棟でランチタイムを待っているあっちへ行ったりこっちへ行ったり

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

006:水玉(畠山拓郎)

はじけてた水玉模様の記憶へと旅をしてみるアルバム眺め

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

005:調(畠山拓郎)

君のこと調べてみれば血液はO型だったりA型だったり

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

004:ひだまり(畠山拓郎)

ひだまりに戻りたいなと思いつつ化粧に惑うファーストフード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

003:助(畠山拓郎)

遭難し救助を待ちつつ日を過ごすSOSです愛しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

002:一日(畠山拓郎)

君のない一日ばかりが続いてる二人で過ごす明日を夢みつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

001:笑(畠山拓郎)

よく笑う人が好きです今年こそ腹の底から笑ってみたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

参加します(畠山拓郎)

今年も参加します。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2009年4月 »