« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

045:楽譜(畠山拓郎)

飛行機や山手線や地下鉄の路線図楽譜に「君住む街へ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

044:鈴(畠山拓郎)

鈴つけて歩くがごとく声がする君に似ているアナウンスの声

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

043:宝くじ(畠山拓郎)

宝くじ当たったならば君と住む家を持ちたい旅をする人

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

042:鱗(畠山拓郎)

恋してる片鱗かもしれないね写真をみたら君だと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

041:存在(畠山拓郎)

存在が存在者へと変わるとき意志というもの確認している

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

040:粘(畠山拓郎)

粘土こね陶器を作る祖父がいたこの頃少し拗ねてるようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

039:王子(畠山拓郎)

「おじさん」が「王子さん」に聞こえたる聖徳太子の耳を羨む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

038:有(畠山拓郎)

どれくらい有るか無いかで悩殺し我を悩ますフルーツポンチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

037:V(畠山拓郎)

AVはアダルトビデオの略だろうDVDならADだろうに

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

036:船(畠山拓郎)

軽くなれ風船みたいに飛んでゆけ削減したい二酸化炭素

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

035:過去(畠山拓郎)

どのように味わえばよい隠された過去のスパイスびっくりするよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

034:岡(畠山拓郎)

阪神は開幕ダッシュしているよ同じ岡田のサッカーがんばれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

033:すいか(畠山拓郎)

すいかほど大きくなくていいけれどプリリンプリプリフレッシュアップル

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

032:ルージュ(畠山拓郎)

武装したルージュの口は容易には我を許さぬ甘えられない

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

031:忍(畠山拓郎)

「本当は好きじゃないでしょ」この問いに忍ぶ想いは(我にも解らぬ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

030:湯気(畠山拓郎)

頭から湯気が出ている発情期 君に逢いたい君を知りたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

029:杖(畠山拓郎)

頬杖をついてうつむく吾の前にお絵かきしている4匹の蝶

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

028:供(畠山拓郎)

iPodお供に連れて新学期桜満開富山大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

027:消毒(畠山拓郎)

手を洗い気持ちの汚れ消毒す風呂に入って殺菌したい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

026:基(畠山拓郎)

これなしで生きてはゆけぬ白い基地いざとなったら入院できる

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

025:あられ(畠山拓郎)

電車内あられみたいにケータイで話す彼女は知り合いだったか

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

024:岸(畠山拓郎)

あれこれと悩んでいても始まらぬ着岸したい埠頭はどこだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

023:用紙(畠山拓郎)

保健所で申請用紙の空欄に自己を否定す文字を埋めゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

022:低(畠山拓郎)

低気圧通過している我なれば罵詈雑言が止まらない口

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

021:サッカー(畠山拓郎)

勝利した喜びたっぷり表してグランド走るサッカー選手

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

020:鳩(畠山拓郎)

公園にエサを求めて鳩集う嫌われ者は駆除し快適

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

019:豆腐(畠山拓郎)

スーパーで豆腐を買ってはみたけれど料理嫌いは直らないまま

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »